【状況別】仕事が辛い、もう働きたくないと思うとき | 解決策と今後の方向性

スポンサーリンク

―仕事が辛い。そう思いながら行く仕事ほど嫌なものはありません

仕事がストレスになる原因は実に様々ですが、あなたにとって仕事が辛いと感じる原因は下に含まれていますか?

状況を改善したり、問題を解決することも十分に可能です。

どうやって取り組んでいけばよいのかについて、具体的に取り上げます。

仕事は人生の3分の1を占める

私たちは毎日、少なくとも3分の1の時間を仕事に使っています。かなりの時間です。

それが楽しい時間となるなら、恵まれた環境で仕事できるならどうでしょう。

ストレスは減り、プライベートでも充実した時間を過ごせますよね。

逆に仕事のストレスが大きいほど、プライベートを楽しむ余力も奪われ、生活の満足感が下がってくるものです。

仕事のストレスを解消することは本当に大切です。仕事で悩まないなら毎日が楽しい時間へと変わっていきます。

体は一つ。ストレスで体が壊れる前に自分を守るべき

何カ月も何年もストレスにさらされたまま仕事を続けていくというのは、かなりの精神的負担です。

負担をずっと抱えたまま仕事を続け、体を壊す人はけっこう多いものです

実際に「仕事 うつ」と検索すると、たくさんの人が仕事で体調を崩していることがわかります。

肉体的な不調も起こしてはいけませんが、精神的な不調が与える被害は本当に大きいものです。

月曜うつ」「現代うつ」という言葉があるように、精神的な不調が増え続けているのが現代社会の特徴です。

その不調はその後の人生に大きな影響を与えることもあります。

そのような事態になることだけは、絶対に回避しないといけません。

ここでもし正しい原因を見つけることができれば、仕事のストレスを減らしたり、なくしたりすることは絶対にできます。

この記事では8種類のストレス原因について解決策を取り上げています。一番当てはまるものをクリックして確認してみましょう。

今辛いと感じる一番の原因は何か?

人間関係が辛い。先輩、上司からのパワハラ、悪質なイジメなど

仕事のストレスのうち、人間関係が辛いというのが一番多い原因です。

多少給料が安いとしても、人間関係が良ければ今の仕事を続けたいすら思えるほど仕事の中で大きな比率を占めます。

人間関係のために限界で辛いなら、今すぐ何ができますか?

●職場の人間関係が辛い場合の解決策と今後の方向性を見る

給料が安い、福利厚生が貧弱

私自身、給料の安さに苦しんだことがあります。

会社員時代、ワケあって親を扶養していましたが、給料が少ないので、親は病院に行くこともできず、辛い思いを経験したことがあります。

貯金も目減りし、出費の一つ一つがストレスにもなりました。

給料が安い、福利厚生が貧弱で辛いなら、今すぐに何ができますか?

●給料が安い、福利厚生が貧弱な場合の解決策と今後の方向性を見る

仕事量、残業が多い

「働き方改革」が叫ばれるようになりました。

24時間営業や肉体労働、長時間残業。今の日本人はどう考えても働きすぎです。体力があるうちならできる仕事でも、年齢を重ねるにつれて厳しくなってくることもあります。

たまに早く家に帰ると、何をすればいいかわからなくて困る、といった経験はありませんか?それは完全に働きすぎです。

夕方5時に電車に乗ると満員なのをご存じでしょうか?早い時間に帰宅して、アフター5を楽しんでいる人もたくさんいるのです。

仕事量、残業が多くて辛いなら、どんな解決策や選択肢がありますか?

●仕事量、残業が多い場合の解決策と今後の方向性を見る

仕事にやりがいを感じない

仕事は一日のうち、少なくとも3分の1の時間を占めます。やりがいを感じずにずっと続けるのは苦痛でしかありません。

私自身これまでいくつかの仕事をしてきた中で、実際に仕事のやりがいのなさを感じたことがありました。

仕事にやりがいがなくて辛いなら、どんな解決策や選択肢がありますか?

●やりがいがなくて辛い場合の解決策と今後の方向性を見る

自分には向いていない

理系と文系、器用と不器用、上司向きの人に支えるのが向いた人。

いろいろな人間タイプがあり、人には向き不向きがあります。

たとえば農業が合わないのに毎日続けないといけないとしたら・・・ライフワークにするには難しいでしょう。

では、合わないのに無理して続けるべきなのでしょうか?

自分には向いていないと感じるとき、どんな解決策や選択肢がありますか?

●自分に向いていなくて辛い場合の解決策と今後の方向性を見る

出世できない

若者へのアンケートによると、出世したいと考える人が減りつつあります。

ですが、出世したいと考える人が40%いるのも事実。

「リーダーシップ」が取れる人間タイプの場合には、上に立たないことが逆にストレスになりますよね。私もチームをまとめるのが好きな方なので、出世した時にやりがいを感じたものです。

出世できないとき、どんな解決策や選択肢がありますか?

●出世できない場合の解決策と今後の方向性を見る

まとめ

人間、生きていくために働くことは欠かせません。仕事に悩みはつきものですが、ちょっとしたコツで状況を改善できることもあります。

また、生き方は一つではありません。誰もがみな性格が違うように、どの仕事が合っているかも人により違うのです。その会社の風土に合っている、人間関係が楽な職場、自分に合っている職種など、自分にとってちょうどぴったりの環境はどこかにあります。

あなたはストレスなく仕事をしていき、充実した人生を送れることを心から願っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です