還元率最強のREXカードとライフカード!活用方法とメリットを語り尽くす

スポンサーリンク

もはや生活に切っても切り離せないものの一つ、それはクレジットカードですね。

でもクレジットカードを選ぼうとすると、どのクレジットがいいのかということで頭を悩ませてしまうものです。

ここでは僕がREX(レックス)カードとライフカードの2枚持ちするのが一番いいと思う理由を熱く語っていきたいと思います。

REX(レックス)カードってどんなカード?

概要は以下の通りです。

還元率 1.5%
年会費 初年度無料/次年度以降2500円(50万円以上利用で無料)
付帯保険 海外旅行/国内旅行/ショッピングプロテクション
還元方法 Jデポ(請求額から直接割り引いてくれる)
ETCカード あり。年会費は50万円以上で無料。
他メリット J’sコンシェル、Jaccsモール

還元率は1.5%と高い。条件付きで年会費無料。他にもメリットがいくつかあります。

そのメリットはあとでご紹介していきます。

クレジットカードを選ぶ基準は何?

  • ポイント還元率
  • マイルが貯まる
  • ステータスがある
  • 年会費無料
  • よく行く店で有利に使える

などなど。いろいろありますよね。

いろいろありすぎて、本当に迷っちゃうんですよね。

でもね、普通はクレジットカードを使う理由って「節約」ですよね。

「賢くポイントを貯めて、1円でも安くなるようにしたい!」

それをするためのツールがクレジットカードということだと思います。

ステータスが欲しい、という方にはREXカードは向きません。

そんなあなたに向いているのは、ゴールドカードとかAMEXカード。所有欲を思う存分満たせます。よだれが止まらなくなるカードですよね。じゅるり。

僕もなんやかんやで欲しいカードではあります。だってステータス高いもん。

いろいろとポイントがある中で、僕は「ポイント還元率」に注目すべきだと思うわけです。

なぜポイント還元率を優先すべきか

なぜそうすべきなのか?一つ一つ分析していきますよ。

マイルが貯まる

お金をコツコツ節約したいあなた。

そんなあなたはマイルを貯めるべきではありません。

マイルを貯めるべきなのは、それを使ってパーッと旅行に行きたい!なんて人です。

逆に言うと、マイル貯めに徹する人にはいいカードがあるのも事実ではあります。

僕は小金を貯めるのが好きなので、今のところはマイルに有利なカードは使っていませんが。

年会費無料

僕も年会費無料の言葉は大好物です。

でもね、いくら年会費は安いからって、ポイント還元率が少ないと、すーぐ損しちゃうわけですよ。

多少の年会費を払ってもポイント還元率が高い方が全然得しちゃうってワケ。

だから最優先にすべき基準ではないんですよ。

よく行く店で有利に使える

よくホームセンターかなんかの提携カードありますよね。

「うちの店で使うとポイント2倍になります!」みたいなカード。

でもね、その店で生活に必要なすべての買い物しているわけではないですよね。

電気代、水道代、食費、ガソリン代・・・挙げていけばきりがありません。

提携カードをその店で使って得する量はほんのわずかにすぎません。

レックスカードはどの店で買ってもポイントがざっくざく貯まるから、最終的にたくさんポイントが貯まるんです。

だから、レックスカードのような一律で還元率が高いカードを選ぶべきなんです。

ポイント還元率が高いならどのカードでもいいのか?

ここにも注意点があります。

ポイントを何に使えるのか?ということです。

どのような使い道があるのかが大切

「うちのカードは2%もポイント還元率あります!ポイントはうちの会社の製品を買うのに使えます!ぜひ!」みたいなカードがあるとしますよね。

「へー。そうなんだー。で、おたくの会社にはどんな製品があるわけ?」みたいな話になります。

「シャンプーが買えますよ、おおきに」と会社の人。

「はあ?シャンプー?そんなもんいらん!」って話じゃないですか?

しかもそのシャンプーがめっちゃ高かったらどうなりますか?

せっかく高還元率でポイントがたくさん貯まっても意味がないと思いませんか?

結局のところ、カードのポイントを一番有効利用できるのは、次の二つです。

  • ギフトカードに交換できるか
  • カード請求額から直接値引きしてくれるか

ギフトカードに交換してくれるなら、必要なものを買うのに使えますよね。

カード請求額から値引きしてくれるなら、ダイレクトに引き落とし額が安くなるわけです。

探すならこんなカードじゃないといけません。

じゃあREXカードはどうかというと「Jデポ」というサービスがあり、ある程度のポイントが貯まると、それを交換申請することで、次回の引き落としから割り引いてくれるんですよ。

確かに派手な使い方はできないですよ。マイル貯まったから旅行行こう!みたいな。

でも地味に大きいですよ。

たとえばREXカードは1.5%の還元率なわけで、100万円使うと「1万5千円」も割引してくれるんです。

お金を一番節約できるのは、ズバリこういう地味な方法なんです。

REXカードの他のメリット

J’sコンシェル

会社の福利厚生でBenefit Stationって聞いたことがありませんか?

あれの簡易版みたいなサービスが付いております。名付けて「J’sコンシェル」。

会員限定価格でレンタカー借りたり、ホテルに泊まったり、有料サービスに迫るサービスが付帯しているんです。

一例をあげますとね、千葉県の鴨川シーワールドに行くとします。

通常の入場料は2800円。

でもJ’sコンシェルを利用すると350円引き。

2017年4月現在しているキャンペーンを利用すると2190円引き・・・。え、金額間違っているんじゃないかって?

いいえ、間違っていません。2190円引きの「510円」で入場できてしまいます。すげー。

なんてパワフルなサービスなんだ・・・

というか、このカードは元々2500円の年会費がかかるから、有料の福利厚生サービスを使えるくらいパワフルなんです。

ま、年会費が無料になる条件の50万円なんてすぐに使っちゃうから年会費、実質無料なわけですが。

クレジットカードで一年間に使っている額を計算して確認してみてくださいね。50万円超えるならレックスカードがいいですよ。

Jaccsモール

これもすごい。なんと、大手ショッピング通販とかでも、ここを経由して買うだけで、ポイント還元率が0.5%アップしてしまうんです。

つまりですね、還元率1.5%でなく、2%なんですよ。通販で買う場合は。

他にもいろいろとメリットはあります。

ショッピングプロテクションが付いているとか、国内旅行保険が使えるとか。

今クレジットカードを検討中なら、こちらは一押しです。

  • 年間50万円以上使う(家族と合算できる)
  • とにかく1円でも節約したい
  • J’sコンシェルなど福利厚生サービスが欲しい

これに該当する方はぜーったいに申し込んだ方がいいですよ。

ただしですね、ただし!

こんなに熱くREXカードを語る僕ですが、それでもライフカードを使い続ける理由があります。

ライフカードを使うベストなタイミング

というのは、誕生月はライフカードの還元率は2.5%になるのです。

僕の使い方としては、定期券を買うなど大きい買い物が誕生月に重なる場合は、ライフカードを使うようにするということ。

以前、定期券を買う時に半年で13万円もかかっていました。

それをライフカードで誕生月に買うと・・・それだけで「3250円」分もポイントが付くのです。

定期券をライフカードで買うだけですごいお得感があります。

このカードのいいところは年会費無料であること、そしてギフトカードに交換できるところです。

ギフトカードなら自分の好きなものに使えますから、それはメリットです。

マイルを貯める派にはJALカードがいいよって話

さらに余談になりますが、先ほど出てきたマイルの話ね。

マイルを貯める場合にはJALカードがいいと思ってるんですよ。マイラーの方々にはこれがいい。

普通にマイルを貯めるのではなくて「JALカードショッピングマイル・プレミアム」ってサービスがあるんです。年会費3240円かかりますが。

でもそれに申し込むとマイルの貯まる量が2倍になるんですよ、2倍に。

そして、「おともdeマイル」なんて名前がちょっとしゃれたサービスがありまして。

これはカード所有者と一緒に旅行する人も3人まで安く旅行できますよっていうサービスなんです。

例えば家族4人で東京から北海道に行く場合。

お父さんは10000マイルを使うとします。すると、他の家族3人は割引運賃で乗れるんです。

3人で78000円かかるとしますよね。すると、一人当たり2万円弱で北海道往復できることになるんですよ。

この料金は航空券にしては割安だと思います。

マイル貯めてパーッと旅行するなら、JALカードがいいよってことです。

まとめ

  • 年間50万円以上使う(家族と合算できる)
  • とにかく1円でも節約したい
  • J’sコンシェルなど福利厚生サービスが欲しい

これに該当する方は絶対にREXカードに申し込むべし。

誕生月に大きい買い物をして爆発的にポイント還元を得るために、ライフカードにも申し込むべし。

そして、ステータスが欲しい方はゴールドとかAMEXのカードを申し込むべし。よだれじゅるり。所有欲も満たされます。

マイルを貯めてぱーっと旅行に行く人はJALカード

僕の中での今のところこういう位置づけになってます。

自分のライフスタイルに合わせて賢くカードを選ぶ参考になると嬉しいです。

それではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です