【感動】実写版・美女と野獣を見てきたけど絶対に見るべき理由

スポンサーリンク

今さらになりますが、話題の実写版・美女と野獣を映画館で見てきました。一言で言うと「見るべき」映画でした。

アナ雪でさえ13日間かかった35億円超えを、わずか10日で突破する人気で、今後もホットな話題に入り続けると思われる映画です。

絶対にこの映画を映画館で見るべき理由を、感想を交えながらお伝えしていきたいと思います。

今まで美女と野獣を見たことがなかった

ディズニーの名作の一つに数えられるのが「美女と野獣」ですよね。絵を見て分かる通り、美女と野獣の間に愛が芽生えてハッピーエンド、のような内容だと思っていました。内容があまりにも透けて見えるので、これまで見る気が起きなかったんですよね。

ナナト
実際見てみたら、予想通りそういうストーリーでしたけど。

ではなぜ見ることにしたのか?

それは、ディズニー好きの友人が、公開初日に見に行くと自慢げに話してきたことがきっかけでした。

ナナト
そんなに面白いの??ゴールデンウィーク中はお出かけもしないのでいってみようかな。

・・・みたいなノリで、大して期待せずに見に行くことになりました。

なぜ映画館で絶対に見るべきなのか

理由①:映像のゴージャス感

見ながら知ることになりましたが、舞台はフランスだということが分かりました。野獣はお城に住んでいる貴族で、昔はきらびやかな生活を送っていたわけです。それを垣間見せる城の内装などが登場してきます。

以前、フランスのヴェルサイユ宮殿に観光旅行に行ったことがあります。ヴェルサイユ宮殿は金に彩られ、立派な造りをした宮殿でしたが、その内装のゴージャス感と、映画内の城の様子に通じるものを感じましたスクリーンに映る城の内部を見て、実際に城に入ったような気分になりました。

また途中、リュミエールなどのキャラクターがベルを歓迎して食事会をセッティングするのですが、その映像の美しさは大画面で見る価値アリだと純粋に思います。

理由②:ミュージカル音楽のど迫力

これも見てから知りましたが、美女と野獣はミュージカル映画なのですね。

僕はミュージカルが大好きなので、アニーララランドなどのミュージカル映画も当然映画館で鑑賞しました。もちろん字幕でです。ミュージカルの場合、字幕でないとどうしても表現しきれないニュアンスがあるんですよね。

美女と野獣もたーくさん歌や音楽が出てきます。ダンスや歌の迫力は、絶対に映画館のスクリーンで見ないと伝わってこないものがあるんです。

ナナト
ミュージカル映画だって知ってたら、公開初日に行ったのに。実際見てみて圧巻でした。

もし見に行くなら早めに見に行った方がいいですよ。まだ話題が冷めないうちの方が、座席数の多い大きいスクリーンで写してくれますから。

そしてもちろん!字幕で見ることをお勧めします。

アニメ版を見たことがある人も見た方がいい

アニメ版と実写版の長さが違うことは知っていましたか? ではどれくらい違うのか?

なんと実写版の上映時間の方が約1時間長くなっています。すごい情報量の差ですよね。キャラクターがどんな人なのか、心の動きもアニメ版より豊富に描かれています。アニメ版にはないシーンもたくさん登場します。

ベルと野獣のダンスシーンなど、ハイクオリティーで夢を見ているような心地になりました。

映画館にあったパネルで概要を紹介(少しネタバレあり)

主人公のベルはとてもいい子。でも村の人からは変人扱いされていました。

ある時、パパのモーリスが城に迷いこんでしまいます。パパを助けるために、ベルは自分が身代わりとなることにしました。

野獣とベルは共通の話題や意外な一面を見つけて互いに惹かれあっていきます。野獣は自分の醜さに自信を持てず、自分のことを愛してくれるはずがないと自信を持てずにいました。

野獣とベルはさらに惹かれあい、共に社交ダンスを踊ります。野獣はこのチャンスに、ベルに気持ちを打ち明けます。

野獣に魔法がかけられたとき、バラの花びらがすべて落ちてしまう前に真の愛を知らなければ、野獣は一生その姿から戻ることができなくなってしまうのです。

果たして、二人は本当に愛し、愛されることができるのか?美女と野獣に愛が芽生えるのか、というストーリーでした。予想通りです。

でも見ていて感じたのは、野獣の優しさにベルが心惹かれた瞬間や、野獣が心を変化させていくときの様子が丁寧に描かれていて、僕自身、気が付いたら野獣のことを好きになっていたんですよね。

もちろん二人が愛に落ちてくれて良かったと素直に感じました。

やはり名作だったということですね。名作には人を虜にする力があります。

内容を知っていたはずの奥さんも大号泣(ネタバレあり)

野獣には家臣たちがいます。その家臣たちは家具や道具に変えられていたんです。

花びらが落ちるまでに野獣が真の愛を知らなければ、家臣たちは命を失い、ただの骨董品に変わってしまうという運命を背負っています。

一つ一つのキャラクターは本当にかわいくて、愛嬌があって、見ていて虜になってしまうステキなキャラたちでした。

ラストシーンは本当に切なかった。横で見ている奥さんは途中から大号泣でした。

まとめ

今回、美女と野獣を映画館に見に行って本当に良かったと思っています。次の条件に当てはまるなら絶対に見に行ったが方がいいですよ。

  • ディズニー好き
  • ミュージカル好き
  • 映像の迫力を味わいたい

アナと雪の女王を越えたヒットです。ぜひ映画館で、字幕で楽しんできてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございます。

もしこの記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です