東プレのRealforceキーボード91Uでイータイピングが2ランクアップしたよ

スポンサーリンク

パソコンを仕事で使っている人にとって、仕事しやすさはとても大事なことですよね。

僕は自営業で一日中文章を打つ仕事をしているので、どれほど速くタイピングできるかは給料に直接関係する大問題です。

速くタイピングできるほど給料は上がっていくので、キーボード選びは大切な課題でした。

とにかく打ちやすく、一日中打っていても疲れないキーボードが欲しい」と考えていました。

これまではノートパソコンの平らなキーボードでタイピングしていました。

でも今回、東プレのRealforceキーボード91Uに変更してみて大成功だったと思うので、その使用感やどの程度作業スピードが上がったかをご紹介したいと思います。

僕が東プレのRealforceを選んだ理由

キーボードには、4つの種類があります。そして、採用されている方式の種類により打鍵感が全くと言っていいほど別物です。

  • メンブレン方式
  • パンダグラフ方式
  • メカニカル方式
  • 静電容量無接点方式

そして、自分の好みの打鍵感に巡り合えないと、本当にストレスになります。

実際にどのキーボードにするかは、秋葉原のツクモ電機でいろんな種類のキーボードを打ってみて決めました。

メンブレン方式を選ばなかった理由

メンブレン方式のキーボードは、いわゆる安価なキーボードです。キーの裏側がゴムのような素材で支えられています。

反発力が強く疲れやすくなるので長時間の使用にはあまり向いていないと言われています。

中でも一番気になったのは、メンブレン方式はキーが不安定に感じること。

ぐらぐらして、指が定まらない印象を以前から受けていました。

実際にツクモ電機で触った印象では、やはりぐらぐらしている。

メンブレン方式のキーボードには、エルゴノミクス(人間工学)に基づいた変わった設計のキーボードもたくさんあります。

メンブレンは惹かれませんが、エルゴノミクスには強烈に惹かれました。

その代表例はマイクロソフトです。

従来のキーボードですと、すべてキーが同じ方向に向いているので、腕をぐっと内側に寄せるような体勢になり、肩が前に出てしまいます。

そこでキーボードを左右に分割したり、中央部分を高く上げることにより、体が自然な体勢で打鍵できるというものです。

正直なところ、このメンブレン方式にするかもとても迷いました。でも次の二つの理由でこれを選びませんでした。

  • キー自体がグラグラすること:これが解決しなければ使いやすさは解決しません
  • リサイクルショップのジャンク売り場に出ていることがある:本当に使いやすければ手放したりしないはず

エルゴノミクス構造自体はいいのかもしれません。でもやはりメンブレン方式というのは減点になりました。

良いキーボードは一生使えますからね。

パンダグラフ方式を選ばなかった理由

パンダグラフキーボードは、構造的に薄く、主にノートパソコンに採用されています。

キータッチが軽く、長時間の使用でも疲れにくいという特徴があります。

以前はノートパソコンを使用していました。そのキーが壊れ始めたので外付けキーボードに変更しようとしているだけで、特にパンダグラフ方式に不満があるわけではありませんでした。

でもツクモ電機でいろいろと試し打ちをしてみて、どうしても安っぽさを感じてしまった

別に悪いものではないのは良くわかります。ただ、構造が薄いので、指のストロークがどうしても浅くなり、他のキーボードと比較したときに違和感を感じてしまいました。

もしも薄い感じが好きなのであれば、パンダグラフ方式を選んでよいと思います。

メカニカル方式を選ばなかった理由

メカニカル方式は、キーの一つ一つに金属製のバネが付いているタイプです。長時間使用しても疲れにくい構造です。

メカニカルキーボードにも使用感はいろいろなものがあるので、ひとくくりにすることはできません。

「軸」というものがあり、色により特徴があります。以下の4種類は、上から順番に打鍵感が重くなっていきます。

  • 青軸:はっきりとした感触。カチャカチャとした大きい音がする。
  • 茶軸:ソフトな感触。赤軸と青軸のいいとこ取り。音も中間くらい。
  • 赤軸:滑らか。音は静か。
  • 黒軸:高い反発力

買おうか迷っていたのがこちらの茶軸製品。

メカニカルキーボードの代表格と言えば、マジェスタッチ。とても有名です。

ただね、ツクモ電機で触ってみた感じとして、打鍵感が好きだったのは「青軸」なんですよ。実際、どんどんとキーのタイピングが進む印象でした。

値段が高いだけあると思います。そして、プログラマーの中でも熱い支持を受けているいるのも納得しました。

でも2つ気になったことがありました。

  • 中にバネが入っているため、キーを押しこんだときに「プチッ」とした感触が毎回あり、指先が違和感を感じた
  • なんやかんやで音がうるさい。隣人に迷惑をかける前に、自分自身が嫌になりそうなレベル

いろいろと悩み、メカニカル方式も見送ることにしました。

最終的に静電容量無接点方式を選んだ

静電容量無接点方式は、あるところまでキーを押しこむとキー押下が認識される仕組み。

物理的な接点が無いので半永久的に使用できるという優れものです。長時間使用でも疲れにくいのも特徴です。

打鍵感も違和感がなく、音もちょうどいい大きさなので、これを買って間違いはないと確信できました。バランスがいいんですね。

Realforceキーボードの特徴

キーの重さが同荷重、変荷重のものがある

全てのキー荷重を30g、45g、55gで設定している製品が同荷重のキーボードです。

一般的に小指は力が弱いので、エルゴノミクス的にキーの重さを場所により変化させている製品が変荷重のキーボードになります。

好みになりますが、初めてRealforceを使用する方には変荷重が良いと思います。

変に重かったり、軽かったりすることもなく、一番いいバランスでキーが配列されています。

キーの音が心地よい

打っているとストンストンと気持ちいいくらい打鍵することができます。

軽い力で入力できる、逆に言うと、構造上は下まで押し込まなくても入力できてしまうので、慣れないうちはミスタッチが増えたり、キーボードに手を置いて考え事をしているだけで、勝手に文字入力されていることがありました。

慣れてしまってからはそのようなデメリットはなくなりました。

カラーは二色:黒と白

今回購入したのは白です。本当は黒の方がかっこいいですよね。白ってダサい・・・と思っていました。

でも実際に触ってみて感じたのは、黒は塗装の材料のためかネチャッとした感触がありました。それで次のキーに移動しようとしても指がキーボードに吸い付いて離れない感じがありました。

これも慣れかもしれません。でも白にはそのような感触がなく、打ちやすさに軍配が上がったので最終的に白を購入しました。

店員さんは「そうですか?同じですよ?」と言っていましたが、価格コムの口コミを見ると、僕と同じように言う人が他にもいました。

なのでサラサラとした触り心地がいい人には白をお勧めしたいと思います。

Realforceに変えてイータイピングのランクが2つ上がった

イータイピング(etyping)はご存知でしょうか?

オンラインでタイピングレベルを測定できるサービスです。

そこに腕試しタイピングのページがあり、ミスタイプ、タイプ速度などからどの程度のレベルかを測定してくれます。

公式ページでは以下のようにレベル分けされています。

上を見ればきりはありません。公式ページではGoodまでしか出ていなくて、「あとはお楽しみ」となっているんです。

ではその上のレベルがどうなっているかというと・・・・以下のようになっています。

Godhand(神の手)750~
Jedi(ジェダイ)700~749
Tatujin(達人)650~699
Rocket(ロケット)600~649
Meijin(名人)550~599
EddieVH(エドワード・ヴァン・ヘイレン:ギタリスト)500~549
LaserBeam(レーザービーム)450~499
Professor(教授)400~449
Comet(彗星)375~399
Ninja(忍者)350~374
Thunder(イナズマ)325~349
Fast(速い)300~324
Good!(良い)277~299

Realforceキーボードを購入する前には「Thunder」まで行っていたのですが、購入すぐ「Comet」になりました。

まだまだ上を見るときりはありませんが、Cometでもだいぶ早い方なのは間違いないと思っています。

まさか購入してすぐにこれほど効果が現れるとは思っていませんでした。

今後慣れてきたら、もっと上に行っているかもしれませんね。

もう昔のキーボードには戻れない

Realforceに慣れてきたころに、ノートパソコンのキーボードをタッチしてみたら、打ちにくくてしょうがない。

特にスピードが落ちるわけではないんです。でも違和感がハンパない。

ノート⇒リアルフォースには自然と移行できたはずなのに、その逆はまったく体が受け付けなくなりました。

やはりRealforceは相当使いやすいんだな、と実感した瞬間でもありました。

このキーボードはかなり頑丈なようで、ツクモの延長保証にも加入しませんでした。

店員さんも「頑丈ですからそれでいいかもしれないですね」と言っていました。

少し高い買い物ではありましたが、これから長く使って行けることを考えると、今購入しておいて良かったと本当に思いました。

迷われている方は実際に使ってみると「買って良かった」と感じると思いますよ。

最後までお読みくださりありがとうございます。

もしこの記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です